企業でSNSの運用!まず何から始めるればいいか?

SNSを運用するには何からすればいいか?

運用を検討する各SNSの特長

SNSを運用しよう!となってまず悩むのはどのSNSを運用しようか?ということ。

今回は企業のSNSとしてよく利用される「Twitter」「instagram」「facebook」をピックアップします。

Twitter

Twitterは若年層のユーザーが多く、リツイートという機能を使ってつながっている人以外にも届く拡散性、140文字の短い内容で行われる気軽なコミュニケーション、流れの早い即時性が特徴です。

リアルタイムでの情報発信に利用されているSNSです。

Instagram

2030代の女性ユーザーが多いのがinstagram

いわゆる「インスタ映え」する写真を中心にコミュニケーションするSNS

企業や製品の世界観を伝えるのに利用されているSNSです。

facebook

30代~40代のユーザーが多いのがfacebookSNSで唯一の実名での登録が必要です。

実名なので投稿される情報に信頼性が高いのが特長です。

企業の公式情報を定期的発信するのに利用されているSNSです。

どのSNSを運用する?

各媒体の特長にあった発信をできるかどうかがどのSNSを運用するかのポイントになります。

Twitter

Twitterはタイムラインの流れが早いため、リアルタイムでどんどん投稿していくことで露出が増えユーザーの目に止まります。

それだけ投稿するネタを集めて発信できる場合はTwitterを利用しましょう。

運用会議を開きその場で1ヶ月分のネタを洗い出すなどのことも必要です。

またリアルタイムでフォローしているアカウントの情報を見ていいね!やリツイートなどのアクションもしていく必要があります。

キャンペーン系との相性もいいので、キャンペーンが打てる商材を取り扱ってらっしゃる企業はぜひ取り組んでいただきたいSNSです。

Instagram

Instagramは写真と動画コンテンツがしっかりと作り込めるかにかかっています。

世界観を表現する写真を作るには写真の腕、コーディネートが必要になります。

そこは各プロの手を借りないと難しい部分ですので、そこに費用をかけれるか?がポイントになります。

facebook

facebookは比較的取り組みやすいSNSかと思います。

企業公式の情報を流していく運用が一番合うSNSですので、会社のお知らせ、プレスリリースのような使い方ができます。

一番大事なのはSNSを運用する目的!

SNSの運用において媒体の選定はもちろんなのですが、一番大事なのは『SNSを運用する目的』です。

会社、商品、サービスの認知度を上げたい、採用に活かしたい、商品を売りたいなど目的を設定しそこに向かって最適な媒体を選ぶ必要があります。

AMRではSNSを運用する戦略から実行までを共に行います

SNSの運用をこれから始める、または運用がうまくいっていないなどでお困りの場合はAMRへお問い合わせください。

SNSを運用する目的の設定、戦略の立案から運用までを一緒に取り組みます。

AMRへのお問い合わせはこちら

前へ

リスティング広告の予算ってどのぐらいにすればいいですか?